医院開業・医院建築はメディックス総合研究所

医院開業・医院建築

を支援、医院開業物件・医療モールの紹介、医院開業セミナーの開催など、
メディックス総合研究所は東京・大阪・福岡を拠点に、全国ネットでドクターの医院開業を支援します

医院建築・医院開業セミナー東京・大阪・福岡・名古屋・仙台
医院開業セミナーお申込み
医院開業・医院建築Q&A

診療科目別建築ポイント

内科・小児科    外科・整形外科   
眼科・耳鼻咽喉科
皮膚科・泌尿器科    心療内科・精神科   
歯科

歯科

1日あたり
平均患者数

歯科 約22.0人

標榜科目

小児、矯正

平均診療単価

歯科 約6,010円

専門診療

口臭、審美、義歯など

開業時期

夏頃・一年中

必要面積

約25坪〜35坪

医院所要室

診察処置室、レントゲン室、
消毒・技工室
など

医療機器

歯科用ユニット
パノラマレントゲン
など


■経営のポイント
自院のイメージを高めるために、医師を始め全職員がよりよい接遇マナーを身につけることが大切で、接遇マナーの勉強会を実施したり、受付マニュアルなどを作成します。また、患者さんにとってかなりの負担となる自由診療については、保険診療との違いを十分に説明することが必要です。


院内は常にクリーンな状態が保たれているか?

周辺環境に合う診療時間が設定されているか?

院内報、リコール案内など広報活動を強化しているか?

治療に対しての恐怖感を取り除く対策がされているか?

自湯診療の割合をどうするのか?



■医院設計のポイント
一般に、医師の診療体制により歯科ユニット数が決まり、診察スペースが決まります。将来的に歯科ユニットが増加されることも想定して、スペースや設備を検討し、患者さんが、リラックスして治療を受けることができるような空間づくりをすることが必要です。


設計:西本雅昭

ユニットの間隔に十分配慮がされているか?

天井などにも患者さんの視線を意識した
デザインがされているか?

消毒コーナーなどの配置は動線を考慮しているか?

衛生士専用の予防室などを検討してみたか?

狭くなりがちな待合室などに工夫がされているか?


ページトップ


このHPはメディックス総合研究所が運営管理しています。サイト内のコンテンツの無断使用・無断複製を禁じます。